転職した時の試用期間の給与

転職先によっても、試用期間中の給与は異なっています。
転職活動を行った際に試用期間のある求人に応募する際は、
その給与の額等にも注意する事が必要なのです。
実際に正社員に登用された時の給与と試用期間中の給与では、
試用期間中の給与の方が額が安いケースも多く見られます。
転職先の試用期間中の給与が安くて驚いたと言う事態は避けましょう。
最初に提示された試用期間の間だけなら、
安い給与でも妥協しようと考えるケースもあると思います。
しかし、試用期間が延長される場合もある事を覚えておいた方が良いです。
例えば、期間が延長されて1年程度試用期間として働いた場合もあります。
よって、転職先に試用期間の給与の額を確認しておく事が大事です。
試用期間中はその給与で働く事が納得できるのかと検討する事をおすすめします。
同時に転職先の試用期間の給与が最低賃金と照らし合わせてみるのも行った方が良いです。
ちなみに、試用期間は時給制である会社も存在しています。
私も試用期間中に働いていた時は、時給制となっていました。

転職した時の試用期間の給与に纏わるトラブル

事前にきちんと企業研究を行っていても、
何らかの事情で試用期間中に退職される場合も少なくありません。
このように試用期間中に退職された場合でも給与は支払われるべきなのですが、
給与の未払い等の形でトラブルになっている場合もあります。
もし、試用期間中に退職されて給与が未払いとなっている場合は、
相談を行った方が良い様に思います。
試用期間中に退職されて給与が未払いになった際の相談先としては、
労働基準監督署等が考えられます。
給与が未払いの会社に対して直訴してみる方法もありますよね。
この他にも、試用期間が終了して正社員に登用する時にも、
給与の面でトラブルが発生する事があるので気を抜かない方が良いです。
例えば、事前に提示されていた正社員の給与の額よりも、
安い金額となっている場合等があります。
転職して試用期間が延長された場合は、正社員になれるか不安になる事も考えられます。
そこで、転職して試用期間が延長されても正社員になれるかを説明します。

転職して試用期間が延長されて正社員になれるか

試用期間が延長されて正社員になれた事例もありますが、
試用期間が延長されて正社員になれなかった事例もあるのです。
この転職して試用期間が延長された時に正社員になれるかは、
その会社と本人によっても影響がされるようです。

本人に問題があって正社員になれない場合

本人に問題があって正社員になれない場合は、
契約社員が転職して正社員の試用期間中に気を付けることの項でも少し言及しました。
この正社員になれない理由の例としては、下記の物があるようです。
・無断欠勤の回数が甚だしい
・酷く勤務態度が悪く指導したが改善されない
・採用に明確な影響が出る経歴の偽りがあった等です。
本人に問題があって正社員になれない場合は、
誰でも納得しやすいはっきりとした理由が必要になるようです。
このような明確な理由があれば、自分自身が自覚できない事は考えにくいです。
そもそも、転勤して試用期間が延長する為には、
それに対して合理的な理由等も必要となって来るのです。

会社に問題があって正社員になれない場合

会社側に問題があって正社員になれない場合もあります。 
会社側に問題があって試用期間を延長した方を
値しない理由で解雇してしまうケース等もあるようです。
実際に企業側が試用期間で働いている方を
それに値しない理由で解雇してしまうケースは少なくないようです。
もし、解雇された理由に納得できない場合は、
労働基準監督署や弁護士等に相談する方法もあります。

まとめ

転職して試用期間が延長されても、必ず正社員になれない訳ではありません。
もし、転職されて試用期間が延長されて正社員になれなかった事が不服な場合は、
その会社や外部に話をする事を検討すると良い様です。
転職して試用期間になった時には、どのような扱いになるのでしょうか?
その雇用形態に関しては、どうなるのかも説明します。

転職して試用期間中の雇用形態とは?

転職して試用期間中は、解約権留保付雇用契約となるようです。 
また、転職先での試用期間中は、契約社員等の有期契約とする場合もあるようです。
この転職先で試用期間に契約社員等として、
有期契約をした場合にトラブルになる事もあるようです。
試用期間としているのに有期雇用の契約期限が過ぎた頃に、
相応の理由がないのに正社員として登用されない場合も見られるのです。
やはり、転職先で試用期間がある場合は、
きちんと雇用形態を確認する事をおすすめします。
転職先の試用期間が有期契約である事を知らずに就職を決めて、
それに関しては働き始めた後で知ったパターンもあるのです。

転勤して試用期間中の条件

転勤して試用期間中の条件も大事なポイントになります。
転職して試用期間中の働く際には、アルバイト等と同程度の条件で働く場合もあります。
この試用期間の雇用条件に関しても、しっかりと確認しておく事をおすすめします。
この試用期間の雇用条件の確認を怠ると、自分自身が困る事も考えられるのです。
例えば、試用期間中の社会保険の取り扱いはどうなっているでしょうか?
試用期間として働く時に社会保険の加入の為の条件を満たしているのに、
社会保険の加入をしない形になっているケースもあるのです。
試用期間中でも加入の為の条件を満たしているなら、
社会保険に加入しなくてはいけないので注意する事が大事になります。
また、試用期間中の給与が最低賃金を上回っているかも確認すると良いです。
ただ、試用期間中は例外的に最低賃金以下であっても良いケースもあるようです。

まとめ

まず、転職する場合に試用期間がある場合は、
その雇用形態や雇用条件に関してもチェックする事が大事になります。
もし、試用期間で疑問点があれば、転職先に質問してみる事も良いようです。
契約社員の方が転職先の試用期間で退職される場合もあると思います。
今回は、転職先の会社を試用期間で退職する際に気を付ける事を説明します。

試用期間に退職する事を伝えるタイミング

試用期間に退職する事を伝えるタイミングは早い方が良いです。
基本的には仕事を退職する事を伝えた、
その日の内に退職する事は避けた方が良いとされています。
その就業規則で退職日の何日前までに伝えると言う決まりがある場合もあるので、
事前に確認しておく事をおすすめします。
退職する事が決まれば、引き継ぎが必要な場合もあります。

試用期間に退職する事の伝え方

試用期間に退職する場合の伝え方も気を付けましょう。
まず、退職したい事を伝える時には、手紙や電話等は避ける事になります。
上司の方にアポイントメントを取って、
対面式で退職したい事を伝える事になります。
事前に上司の方に退職する意思を伝える時の話の内容を固めて置きます。
どのような理由で退職したいと思っているのかも整理しておく必要があります。
ちなみに、試用期間中に退職する理由としては、
自分自身の体調の問題・自分の家族関係等が挙げられます。

試用期間に退職した場合の履歴書

試用期間に退職した場合の履歴書は書いた方が良い説と、書かなくて良い説があります。
基本的に試用期間に退職した場合であっても履歴書に記載した方が無難なようです。
ただ、履歴書に試用期間で退職した事を記載すると、
退職理由等を面接で質問される可能性もあるので答え方を考えておくと良いです。

まとめ

事前に志望企業をしっかりと調べていても、
全く社風が合わなかった等の事態もあり得ます。
転職して試用期間として働く際には、その退職方法は知っておく事をおすすめします。
この他にも、会社を試用期間で退職した後も、
健康保険等の手続きをする事が必要になるケースがあります。
もし、こちらの手続きが必要な場合は実施する事を忘れない様にしましょう。
契約社員が転職して正社員の求人に採用された場合に、試用期間がある事もあります。
この試用期間中にどのような点に気を付けるといいのでしょうか?

試用期間が終了しても正社員として雇用されない場合がある

まず、試用期間が終了しても正社員として雇用されない場合もあります。 
このような場合もある事を知っておくべきです。
正社員として雇用されない場合としては、
著しく勤務時の言動に問題があった等が挙げられます。
少なくとも試用期間中は気を緩ませない様に気を付けた方が良いと思います。
働く上では当たり前と言えばそうですが、
しっかりと業務に取り組む事が大事になると言えます。

試用期間中は企業と自分の相性を観察する

また、試用期間中には企業と自分の相性を観察すると良いでしょう。
転職活動を行っている時に転職先に関してはリサーチをしていても、
実際に働いてみると想像とは良くも悪くも違った所も出て来る事が考えられます。
私自身も正社員の試用期間として働いた経験がありますが、
その職場で働いてみて思っていたのとは異なっていた点もありました。
ただ、安易にこの職場は自分に合わないと決めつけない方が良いです。
もし、試用期間として働いている企業と自分が合わないと感じているのであれば、
具体的にどのような点が合わないのかをしっかり考える事をおすすめします。
考えた末に試用期間中に退職する場合は、その方法にも気を付ける事になります。

試用期間が延長されるケースもある

更に、試用期間が延長されるケースがあるのも知っておくべきです。 
もし、試用期間の延長を言い渡されて納得が出来なかった場合は、
会社側と話し合ってみると良いです。

会社側から試用期間中に解雇される場合もある

会社側から試用期間中に解雇される場合もあります。
この試用期間の時に解雇する関係で問題が発生するケースもあるのです。
例えば、試用期間として14日間以上勤務している場合は、
30日前には解雇する事を通達しなくてはいけません。
勤務して1ヶ月経過しているのに、今日で解雇する等と通達する等の場合です。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja